月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧

どんぶり金魚道楽への道

a0106409_22411707.jpg
少し前から金魚を飼い始めました。
植物も水やりを忘れてすぐ枯らしてしまうし、
全くマメでないので何かを育てるなんて
無縁な生活でございました。
野鳥は好きなので、中国の鳥おやじみたいに
メジロを飼ってみたいと思ったことはありますが・・・。
そんな私が何故、突如金魚を飼いたいと思ったか。
友人や家族からは「ついに長い一人暮らしの寂しさをペットで紛らわす様になったか」と突っ込まれそうですが、
いやいや、そうではなく・・・
a0106409_22522978.jpg
本屋でこの本を見つけたからです。
内容よりもまずは、このビジュアル。
150×180mmのコンパクトサイズで写真やかわいいイラストがたっぷり!
可愛い本だなと思って中を覗くと、水槽ではなく、気軽にどんぶりで小さい金魚を育ててみようという内容。
金魚はモチーフとしては好きだったので、そんなに簡単に飼えるなら私も飼ってみた〜い!となったワケです。

どんぶりには小ぶりな金魚を1匹だけ入れます。
えさはあげすぎない。
水質悪化と酸素不足を防ぐために、汚れる前に毎日水を換えるというのが必須。
熱帯魚屋さんで金魚を買い、本に書いてある通り、3日間の絶食、バケツでの塩水による2週間のトリートメント期間を経て、待望のどんぶり金魚スタート!
a0106409_22582953.jpg
正面から見ると愛嬌があって可愛い、
琉金の紅(ホン)ちゃんです。
ホントはチャイナな柄のどんぶりにしたかったのですが、いいのがなかったのでひとまず、長年オクラ入りしていた友人の結婚式の引き出物の大鉢に入れてみたら、大きさも色もぴったし!ちなみに木箱入りの「たち吉」の大鉢。日の目を見て良かったです。
金ぱく部分に自分の姿が写るからか、たまにツンツンちょっかい出してます。
金魚通の方々からは賛否両論なこの飼い方みたいですが
今のところホンちゃんは食欲も旺盛で元気です。
毎日の水換えもどんぶりなんで、なまくらな私でも苦にならず続いてます。
a0106409_23234214.jpg
ボーッと姿を眺めてると飽きません。
なれると、指を出すと寄って来たりするようになるらしいです。
金魚は人懐っこい生き物らしいですね。
長生きしてくれますように。

[PR]
by sugisugi26 | 2014-10-23 23:32 | 日々つれづれ | Comments(0)