月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧

『シンガポール 絶品!ローカルごはん』

a0106409_21440415.jpg
いや〜夏全開。日差しの強さったらないですね。
こう暑いと恋しくなるのがエスニック料理。
と思ったら見かけたこの本。
最近台湾本ばかりだったので、久しぶりにもっと南へ。

中を見ると、写真もたくさん、どれも美味しそうだし
ただのお店ガイドにとどまらず、中身が濃い!
「こりゃ買いだ!」と購入してからよくよく見たら
著者は丹保美紀さん・・・と言えば、
マレーシア在住でプラナカン(マラッカ・ペナン・シンガポールで
繁栄を極めた中国系グループ)文化に造詣の深いライターさんです。
マレーシアやプラナカンに関するイワサキ チエさんとの共著
『マレー半島 美しきプラナカンの世界』
『世界遺産の街を歩く マラッカ ペナン』はお気に入り。
そりゃ、充実の内容のハズです。

前書きによると、土地や不動産の高騰、物価高が著しい中で
料理の値段はあまり変えられない分、
コストや人件費をカットするしかないローカルフードの屋台や
食堂では、調理人の大半が外国からの出稼ぎ労働者となっている
現状だそう。そんな状況を憂いて、いまいちど
「真のシンガポールのローカルフード」とは
どういうモノなのか再確認するためにまとめられた本だそうです。

「ローカルフードBest10」(チキンライスやラクサにバクテー等)、
「麺ワールド」「カレー天国」「スイーツ」など、
テーマだけでもそそられます。
料理についての解説から美味しいお店情報まで、
シンガポールの食にどっぷりハマれそうな1冊です。

びっくりしたのは、チャンギ空港の社員食堂が
一般の人でも利用可能なフードコートらしいとの情報。
出国ギリギリまでローカルフードが楽しめるという事。
あと、中の挿絵が独特の味があるなと思ったら
人気のペナン在住のLuisa Hungさんという女性の
イラストだそうです。

丹保さんが関わられているシンガポール・マレーシア情報の
サイトにもこの本の情報がのっています。
4月時下旬に発売されてたんですね。
この暑さの中この本を読めば、しばしシンガポール気分?!




[PR]
Commented by 丹保美紀 at 2017-06-09 17:18 x
こんにちは。ちょっと調べものしててこちらを発見!

本物です。信じられない⁇

とても嬉しくてコメントさせていただきます。

私の伝えたいところをちゃんとわかってらっしゃる。ツボが同じです!

本当はお店紹介などよりも、一つ一つ料理をていねいに解説する本にしたかったのです。
美味しい、美味しくない、は個人差もありますし、今はネットでいくらでも情報はありますしね。
しかし出版社としては、多くの読者がお店情報で本をお求めになるため、あの様な構成になりました。

でも私の気持ちはあの前書きに込められています。
そこをちゃんと読んでくださっている。それが嬉しかったのです。

イラストにもこだわりがありました。出版社とイラストレーターの仲介をして、
なんとしてもあのイラストレーターに挿絵をお願いしたかったのです。
とてもこだわりのイラストレーターで、納得いくまで取材してから描く人なので、
素晴らしいものができました。

細かく読んでいただいて本当にありがとうございます。

この度7月15日に東京新橋のアセアンセンターでシンガポール料理の講演会を行います。
無料です。ご都合が合いましたら、是非おいでくださいませ。







Commented by sugisugi26 at 2017-06-10 14:01
>丹保美紀さん
嬉しすぎるコメント、まさかご本人からいただけるなんて、
びっくりしました!ありがとうございます!!
本当に嬉しいです。他の著作も含め愛読させていただいています。
ずいぶん前にマレーシア・シンガポールを旅してその魅力にハマりました。

今作も丁寧に作られた濃い内容で、単なるグルメガイドブックにおさまらず、シンガポールの文化、その国の空気感も伝わる、何度読んでも楽しめるアジア本だと思っています。
残念ながら、その後まだシンガポールには行けていませんが
たとえ現地に行けなくても、何度も擬似シンガポール
旅行を体感させていただいています♪

イベントのお知らせもありがとうございます。
残念ながら大阪在住の為今回は行けませんが、ぜひまた関西でのイベント開催をと、せつに願います。
これからも、ご活躍を期待しております。
Commented by 丹保美紀 at 2017-06-10 15:20 x
レスありがとうございます。

あんまりブログのコメント欄に書く人間ではありませんが、
私の伝えたいことちゃんとわかってらっしゃるのでとても嬉しかったのです。

わかりました!
プラナカン本の共著者のイワサキさんとも、関西もいずれやらなきゃね、という話をしているので検討させていただきます。

では今後もよろしくお願いいたします。
Commented by sugisugi26 at 2017-06-11 10:33
>丹保美紀さん
再びのコメントありがとうございます。
伝わったと感じていただけたなら、嬉しいかぎりです。
こんなアジア好きの為に、これからも情報発信よろしくお願いいたします。

夢の関西でのイベント!ぜひぜひ実現させてください!
期待してお待ちしています。
イワサキさんにもよろしくお伝えくださいませ。
これからもサイトをチェックさせていただきます。
by sugisugi26 | 2015-07-26 22:44 | 気になる本 | Comments(4)