月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧

ベー・チェチョルさんのコンサート

a0106409_21220938.jpg

先日、駐大阪韓国文化院主催のイベントの
『ベー・チェチョル特別コンサート』に行ってきました。
いつも太っ腹なイベントを開催してくれる駐大阪韓国文化院さん。
今回も申し込んで当たれば無料で参加できるイベントです。
しかも会場はクラシック専門のホール「ザ・シンフォニーホール」
友人が応募してくれていて誘ってもらえました。ありがたい。

と言いつつ初めはベー・チェチョルって誰?と思いましたが
以前、見たいと思いながらも見そびれた韓国映画『ザ・テノール 真実の物語』の
主人公のモデルとなった韓国出身のテノール歌手でした。
ヨーロッパで活躍し、将来を期待されていた最中、甲状腺ガンになり
声帯と横隔膜の神経を切断するが、日本で声帯機能回復手術を受け
厳しいリハビリを経て声を取り戻し、今は積極的に演奏活動をされていて
「奇跡の歌声」と呼ばれているそうです。

映画では伊勢谷友介が演じていたのですが、
病気になる前からベーさんと共にお仕事をしたり、
病気の時も寄り添って来た日本人音楽プロデューサーの輪嶋さんも
司会として登場。笑いも入れつつ盛り上げられていました。

ゲストミュージシャンにギターのアントニオ古賀さん。
ベーさんの手術もされたお医者さんのお話や、
局部麻酔でベーさんが歌を歌いながら声帯の調整する、
驚愕の手術映像なども交え、
「枯葉」「赤とんぼ」「ベサメムーチョ」「見上げてごらん夜の星を」
「悲しい酒」「YOU RAISE ME UP」「TIME TO SAY GOOD BYE」
などを歌ってくれました。
絶望を乗り越えて復活した人が発するメッセージと声は
とても優しくて強かったです。

演奏ももちろん素晴らしかったですが、噂に聞いた通り、
シンフォニーホールの音の響きは、柔らかくて心地いいと感じました。

行けませんでしたが、昼間は同じく「ザ・シンフォニーホール」で
映画の上映もありました。またDVDで見ようと思います。
a0106409_21221094.jpg


[PR]
by sugisugi26 | 2017-07-25 23:18 | その他音楽 | Comments(0)