月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:気になるモノ( 2 )

a0106409_19582307.jpg
以前ある雑誌で紹介されていた玩具花火を見て一目惚れ。
調べてみると福岡県の『筒井時正玩具花火製作所』と言うメーカーの商品で
サイトで商品をみるとどれも渋くてモダンな大人デザインの花火ばかり。
欲しいと思ったのですが、おもちゃ屋ではなくて雑貨屋さんなどで
取り扱っている様。
松屋町などの問屋さんでは扱ってないのか・・・。
よく分からないが、どうしても欲しくて取り扱いをしているという、
梅田のグランフロントにある「SIXTY ONE ARROW」と言う店に行ってみたら
たま〜に除く服屋さん。
本当にこのお店?と思ったら、コーナーが作られていて
雑貨の様にディスプレイされていました。

同じ日に2種類の雑誌で目にし、呼ばれてる?と思ったのがこの鯨花火。
本物はもっと可愛くて、やっぱり欲しいと思いました。
火をつけたらどのくらい燃えるのか・・・。
店員さんによると、こんな可愛い見た目で、思ったより高く吹き上がるらしいです。
背中に子供がつかまっているんですよ。
a0106409_19582584.jpg
同じ動物花火シリーズの「動く龍」です。
3本の筒が組み合わさって、竹製のくねくね動く蛇のおもちゃみたい。
凝った作りの、手持ち吹き出し花火です。
a0106409_19582631.jpg
龍の絵が描かれています。
これにも子供がつかまっている絵があります。
a0106409_19582643.jpg
こちらは「洋火」「和火」と言う手持ち花火。
上品な和菓子の様なデザイン。
a0106409_20335041.jpg
左はスイカ・・・ではなく、富士山、赤富士イメージの吹き出し花火です。
右は線香花火。この紙に包まれているのは関東スタイルだそうです。
関西スタイルはわらの先に黒い火薬がついているタイプです。
元々このメーカーでは線香花火を作られていたそうです。
国産の線香花火は火の持ちも良さそうです。
a0106409_20335035.jpg
お盆は実家で花火です。楽しみ!!

[PR]
by sugisugi26 | 2017-08-06 20:29 | 気になるモノ | Comments(0)

『びわこ文具』って?

a0106409_18514210.jpg
5月の連休、友人親子を実家近くの近江八幡に案内した時に
八幡山のロープウェイ乗り場のお土産屋さんで洒落たデザインのお土産発見。
琵琶湖にちなんだデザイン5種のカードと琵琶湖型のクリップ5本セットです。
他にもシリーズで、付箋やノート、滋賀発祥の飛び出しぼうや「とび太くん」のグッズが
充実していました。
普段、お土産屋さんを覗く機会もないので新鮮な発見。
製造は『株式会社コクヨ工業滋賀』。
「あの大手文具メーカーのコクヨと関係あるのかしらん?調べてみなくては・・・。」
と思っていたのをすっかり忘れていました。

サイトを見てみると、『株式会社コクヨ工業滋賀』さんというのは
コクヨグループの紙製品工場だそうで、
ナントあの「コクヨキャンパスノート」(学生時代めっちゃお世話になってました!)を
製造している国内最大のノート工場とのこと。
しかも工場見学なんかもやってて、面白そう。
実家からもわりと近かったりする。知らなかった。

そしてこの『株式会社コクヨ工業滋賀』さんでは
『ReEDEN(リエデン)プロジェクト』としてびわ湖を守るという理念のもとに、
びわ湖に生える「ヨシ」の活用に取り組んで、びわ湖の環境保全意識を広める
独自の商品開発をされているのです。
「ヨシ」はCO2の削減やびわ湖の生態系の保護や水質浄化に役立つ植物なのですが
元気な「ヨシ」が育つには、枯れた「ヨシ」を定期的に刈り取ることが大事だそう。
そこで刈り取った「ヨシ」を使った紙製品の開発に力を入れられてる様です。
ヨシ刈りのボランティアにも参加されたり、
滋賀ならではのオリジナルな活動をされてるみたいです。へ〜〜〜。
a0106409_22091609.jpg
これが「ヨシ」の紙で作られたカード。
上の段左から時計周りに「ヨシ原」「ヨット」「ビワコオオナマズ」「竹生島」「カイツブリ」。
ちょっとレトロな風合いと木版画風イラストがいい味出しています。
「ReEDEN(リエデン)びわこ文具」はこちらで購入もできます。
デザインはコクヨ本社が手がけてるんでしょうかね。
オススメ滋賀土産。地元再発見でした。


[PR]
by sugisugi26 | 2016-06-10 22:23 | 気になるモノ | Comments(0)