月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近、アジア映画はそこそこチェックしているものの、
新しいアジアンミュージックのチェックはほとんどしておらず
昔から好きなアーティストに関しての情報を見たり
すでに持っているCDやDVDを繰り返して聴いたり見たりしているくらい。
たまにYouTubeで今のアーティストをチェックする事があっても
ハマるほどの人は現れず・・・

だったのですが
最近知って久しぶりにハマったと感じているのが
香港で活動する中華圏で人気のソウル・R&B歌手の方大同(カリル・フォン)です。
2005年にデビューアルバムを発売してもう10年以上活動していて今33歳。
そこそこのキャリアなんですが、私、全く知りませんでした。
どんだけ新情報から離れてたのか・・・。
しばらく韓国に夢中になって中華圏見てなかった時期もあったしな〜と。

たまたまYouTubeでPVを見たのですが、
ビジュアルの淡白な感じ、曲調や、詞が北京語や英語ってのもあり
はじめは台湾の歌手かと思ったのですが、予想外に香港の歌手。
ハワイ出身だそうです。
声も線が細いように思えて、しっかり個性があり歌もうまいです。
楽曲もアップテンポなものからバラードまで、
メロディーが印象に残る曲が多いです。
曲は韓国のソウル系歌手に通じるところがある気がします。
作詞作曲ができるシンガーソングライターです。

この1曲で完全にハマった2012年の『BB88(BABY BYE BYEの意だそう)』。
POPでキャッチーで、大好きな曲です。
早速収録のアルバム『回到未来』はダウンロードしました。
ブルース・リーの『死亡遊戯』ちっくなPVも面白い!
近年のPVはクールで凝ったものになってきています。
デビューだいぶたってファンになると
遡る楽しみがありますね。当分楽しめそうです。


[PR]
by sugisugi26 | 2017-04-29 23:55 | アジアンミュージック | Comments(0)
a0106409_22441243.jpg
いや〜けっこう不便な場所でした。
4/22・23の二日間、大阪市北区豊崎の印刷屋さん
レトロ印刷JAMさんで開催されていた「紙マーケット」に行ってきました。
以前移転するまでは中崎町にあって、そっちは行ったことがあったのですが
こちらのお店は初めて。

レトロ印刷JAMさんは、
巷のフルカラーのチラシやポスターなどで使うオフセット印刷とは違って
版ズレやムラやカスレなどもアジとして楽しむ
ちょっと懐かしく手作りな風合いの孔版印刷をウリにされており
イラストレーターやデザイナー、手作り作家などクリエイター達にも
人気の印刷屋さんです。

そんな印刷屋さんの倉庫一掃的な紙のセールとのことで行ってきました。
建物に入ったら、ダンボールとクリップがセットになった紙ばさみをとって
好きな紙をはさんで、最後に紙を数えてもらって購入するシステム。
よりどり10枚100円とか、大きい紙でも1枚100円とか良心価格。
あじのあるざら半紙とかこちらではお馴染みの紙も。
お好みの紙を選んで、ノートを作ってもらえるサービスも1冊300円。

本日の戦利品は、あじのあるレトロな風合いの紙10枚と
紙を15枚と表紙を選んでミシンで綴じてもらうノート。
ノートは、パステルカラーの紙に
ミシン糸の色が蛍光のピンクとブルーで可愛く出来上がりました。
a0106409_22441297.jpg
協賛の手紙舎さんなどのお店の雑貨販売やカフェコーナーもあり、
ついつい長居してしまいました。
普段ワークスペースでシルクスクリーンができるんですね。
ちょっと気になります。
a0106409_22441241.jpg
できた時から注目していたので、何度かオーダーした事ありますし
余談ですが入社の面接も受けた事もあります。
人気求人で、かなり狭き門でした。
a0106409_22503774.jpg


[PR]
by sugisugi26 | 2017-04-25 23:42 | アート | Comments(0)

のだふじ巡り

a0106409_12522707.jpg
大阪の桜もあっという間に散って今は葉桜。
少々寂しい気分でしたが、春の花は桜だけではありません。
「のだふじ」ってご存知でしょうか?
私も長年大阪に住みながらも、昨年から福島区野田界隈で働きだして初めて知った
福島区の花として指定されている藤の花です。

のだふじのパンフレットによると・・・
その昔、数百年にわたり世代交代を繰り返し、現在の野田・玉川付近にあった野田の藤ですが、
戦国時代や大坂夏の陣などで焼かれたりしながらも、
元禄時代には復興し、その名を全国に知られたそうです。
最盛期には「吉野の桜・野田の藤・高尾の紅葉」と歌にも詠まれたほどだったのですが
その後土壌の変化などで、花が咲かなくなったり、最終的には空襲で焼けてしまったそう。
ですが、近年専門家の協力も仰ぎ、野田の藤を再生させようと努力されていて
福島区のあちこちで接ぎ木された藤が花を咲かせています。

そんな区内の「のだふじスポット」が載った『のだふじマップ』を持って
仕事帰りに何ヶ所か巡ってきました。
まずは「玉川南公園」の白い藤。一輪一輪がぷっくりしていて
紫の藤の垂れるような咲き方とはちょっと違っていました。
すごくいい香りが周辺に漂っていました。
a0106409_12522877.jpg
小さい公園で、すぐそばで子供達が元気に遊んでいます。
a0106409_12522830.jpg
そこからほど近くにある、のだふじ発祥の地「春日神社」。
こじんまりとした敷地も狭い、かわいい神社でした。
敷地全体に藤棚があって、まだ五分咲きくらいでした。
向かいのマンションの周りにもぐるりと藤棚があって
こちらは綺麗に咲いていました。
a0106409_12522927.jpg
神社の隣の家にあった鉢植えの藤。
これが大きくなるんでしょうか。
これはこれでコンパクトで可愛いです。
a0106409_12522889.jpg
園児たちが遊ぶ横で麗しく咲く、ひばり保育園の藤棚を横目に
「下福島公園」へ。
こちらは野球ができるエリアがあったり、
ジョギングエリアがあったりかなりな広さで
区民の憩いの場所的な公園です。
藤棚もたくさん作られていて、一番見応えがありました。
a0106409_12522845.jpg
白と紫の藤がありました。
鳥よけなのか、ネットがかけてあるのがちょっと残念でしたが・・・。
a0106409_12522951.jpg
こちらは隣の木に巻きついて、一体化して
藤の巨木の様に見えたワイルドな一本。なかなかの迫力。
a0106409_12522958.jpg
以前、岐阜で有名な藤の花を見に行ったことがありますが
それは樹齢300年越えで、一本とは思えない枝の広がり様と
存在感、花の華麗さと香りに圧倒されました。
それにはまだまだ及ばない若い藤達でしたが、
区をあげて、往年ののだふじを再生されようとしている気概が伝わってきました。
そして地味ながら品のある藤の花の美しさを再認識しました。
のだふじの今後に期待です。

環状線の普通列車の新車両にはモニターがあって
そこに駅名が表示されるのですが
野田駅のバックにはうっすら藤の花のデザインが入っています。
藤推しの野田です。
そしてこの「藤の花?」なキャラが気になります。
のだふじの会のサイトはこちら
a0106409_12522738.jpg


[PR]
by sugisugi26 | 2017-04-22 23:57 | 街歩き | Comments(0)

中之島図書館のカフェへ

a0106409_22552585.jpg
去年のイケフェスで中之島公会堂を見学に来た時に見つけ、
気になっていたカフェに行ってきました。
重要文化財にも指定されている、大阪の代表的な近代建築の建物として、
外観は良く見ていましたが中に入るのは初めてです。
a0106409_23034908.jpg
正面玄関向かって右手の見た目1階部分にカフェが入っています。
初めは窓から中が見えて、図書館の割にはこじゃれた雰囲気だなと思ったのですが
カフェでした。
a0106409_23034954.jpg
入り口は図書館と同じ。正面玄関から入ります。
a0106409_22552774.jpg
玄関からレトロ空間が広がっています。
a0106409_23035004.jpg
玄関ホールに優雅で重厚感たっぷりの階段。
ゆるやかなカーブを描く木製の手すりと照明が印象的。

a0106409_22552789.jpg
天井はドーム状になっています。
a0106409_22552743.jpg
さて、目指すカフェはこちら。
a0106409_22552784.jpg
雰囲気ある扉を開けると、北欧のオープンサンド「スモーブロー」の専門店、
『スモーブローキッチン』です。
a0106409_22552733.jpg
天井が高くて窓も大きく、北欧風インテリアで落ち着きます。
a0106409_22552517.jpg
普通より小ぶりで薄い食パンを使ったオープンサンド、
スモーブローがメインになったランチセットをいただきました。
野菜・魚介・肉の3種類から選び、スープ・サラダ・ドリンクがつきます。
今日はグリーンピースのスープ。
a0106409_22552685.jpg
私は魚介にしました。今日はエビでした。
パンは見えませんね。パンを無視して具が盛り盛り。
美味しかったです。
a0106409_22552658.jpg
友人が選んだ肉はローストビーフ。
こちらは野菜はほとんどなく肉肉しい。
a0106409_22552646.jpg
お値段は安くはないですが、このレトロビルの雰囲気を味わえるなら
良しと言う感じでしょうか。
一人でも本を片手に訪れたいです。
ドリンクやスイーツもあり、夜はメニューの数も増えます。
図書館内には、大阪のメーカーのステーショナリーが充実した
ミュージアムショップもありますし、
中之島散歩と合わせて、また来たいと思うカフェでした。

[PR]
by sugisugi26 | 2017-04-18 23:13 | 街歩き | Comments(0)
a0106409_00051388.jpg
暖かい週末ですね。今年の桜シーズンも終盤。
お花見は行かれましたか?
私は今年も天満橋の大川沿いの桜を楽しみました。
定番ではありますが、やはりオススメな大阪の桜スポットです。

さて映画『ラ・ラ・ランド』は、予想通りやっぱり好きな映画で
2回見に行って、サントラはジャケットデザインに惚れて
LPを買ってしまいました。
残念ながら限定のブルーのレコード盤は逃しましたが・・・。
昔実家で捨てられかけてたレコードプレイヤーを
久しぶりに出してみたら、非常に危うい動きをしていますが
なんとか音は出ました。
まだまだ頭の中でテーマ曲が回っています♪

ちなみに、ダブルカセットデッキにビデオデッキも
うちではまだ現役です。
カセットのダビングできますよ。


[PR]
by sugisugi26 | 2017-04-16 00:28 | その他映画 | Comments(0)