月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

『第1回 大阪韓国映画祭』に行って来ました(後編)

a0106409_13371410.jpg
明けて11月14日(土曜日)は
アン・ソンギ主演、イム・グォンテク監督の『火葬』から。
監督も主演も韓国映画界の超ベテランの最新作。
脳腫瘍で闘病中の妻を介護しながら、自身も持病を抱えながら、
大手化粧品メーカーで幹部として部下からも上からも信頼厚く
エネルギッシュに業務をこなすアン・ソンギ演じるオ常務。
心身ともに疲労困憊の中で入社して来た若い女子社員ウンジュの存在が
気になり、大きくなり、距離が縮まって行く中、妻の死が訪れる。

内心、ドロドロの不倫モノかと、
朝からずっしり重そうな予感を感じながらの鑑賞でしたが、
さすが巨匠の作品は違いました。これがめっちゃカッコ良くて、
アン・ソンギの年齢を感じさせないカッコ良さもあるのですが、
アン・ソンギ演じるオ常務、そしてその妻の生き様のカッコ良さ、
その描き方の手腕に感動した1本でした。
オ常務と妻、その家族、社員をめぐる人間模様、ウンジュとの関係、
どれもが無駄のない見せ方でぐっと来ました。
ラスト近くの見せ場は後で一緒に見た友人と何度も反芻しましたが
それくらい秀逸で余韻が残るシーンでした。
闘病、介護シーンも感情が入りすぎず客観的に描かれていました。
妻を演じた女優さんはまさに体当たり演技。凄い!

オ常務はまさに理想の上司という感じですが(人間的な部分含め)
こんな人、悲しいかな実際にはなかなかいないのが現実・・・。

a0106409_14353148.jpg
さて、次は俳優で最近は監督もされているパク・チュンフンの
特別上映&トークイベントです。
これが事前申し込みをすれば無料というなんとも太っ腹なイベント。
『火葬』観賞後、外に出たらロビーは人であふれ返っていました。
みっちり満席で凄い熱気。嬉しい!!
まずは監督作(本人の出演は無し)の『トップスター』上映。
これは以前一般公開されたのですが、当時は監督も誰か意識せずで
スルーしておりました。スイマセン・・・。なので見られてラッキー!
オム・テウン主演で、スターの付き人から自身がスターになり、
その名声に溺れて落ちぶれてまた再起をはかるまでの芸能界の
裏側を骨太に描いた娯楽作品。

愛嬌があってわりと好きなオム・テウンが、人のいい付き人から
野心に溢れる傲慢なスターまでを熱演。
スターになるきっかけを与えてくれた全てを手に入れたトップスターや
美貌のプロデューサー、付き人時代から夢を見ながらそばにいてくれた友人など
キャラクターもしっかり描かれていて面白かったです。

上映が終わったところでいよいよパク・チュンフントークショーです。
まずは司会の古家正(まさゆき)氏登場。
私が知ったのはFM COCOLOの韓国番組のDJとしてですが、
各種韓国関係の番組やイベント等で活躍されているので今日のインタビューは安心。
司会者って大事ですからね〜。古家さんに紹介されてパク・チュンフン登場!
a0106409_15135966.jpg
映画の中と変わらない人懐っこい笑顔と明るいオーラに
会場内のテンションが上がりました。
日本には数ヶ月住んだこともあるとのことで
日本語も交えながらのトークに、ぐっと観客との距離も縮まり
いい雰囲気に。ユーモアやサービス精神満点。
韓国芸能界で30年近く活動してきての経験から『トップスター』を
撮った話や裏話、自身が尊敬する俳優アン・ソンギとのエピソードなど
貴重なお話が聞けました。
a0106409_15272021.jpg
そして奥様は在日3世の韓国人女性とのことで、
この日も会場に来られていました。
だからという事も多少影響しているかと思いますが非常に親日な印象で、
最後には、今の日韓の政治的に微妙な間柄の事に触れて
今の状況は残念で、韓国人で日本にいい印象を持っている人はたくさんいる事も
分かってほしいですし、相互に映画を通して理解し合えたら・・・との
内容の挨拶をされて、ちょっと感動しました。
こういう意見の人が韓国芸能界のトップにいるならちょっと安心。
せめて文化面では平和的な交流ができますように。むしろそこから
何かの突破口が開けることを願います。

パク・チュンフンの出演映画はチャ・テヒョンとの『あぶない奴ら』
アン・ソンギとの『ラジオスター』しか見ていませんが、
2本とも面白くて大好きな作品で、パク・チュンフンの印象も良かったですが、
今日のトークでさらに好感度UPしました。

この他見られなかった映画が他に2本ほどあり、次の日も含め3日間の
映画祭でしたが、上映作品のバランスやゲストの豪華さ等
すごく楽しめ、充実したイベントでした。
チケットも1上映につき前売り¥900(当日¥1000)と良心的。
どうかこのクオリティーのまま来年も開催されますように!
韓国文化院さんカムサハムニダ〜!



Commented by タムラ at 2015-11-18 17:38 x
パクチュンフンさんの大ファンです。今回の映画祭に参加できず残念でしたが、このブログが読めてよかたー。
Commented by sugisugi26 at 2015-11-19 09:31
>タムラさん
コメントありがとうございます!ファンの方に喜んでいただけて嬉しいです。
会場からの質問コーナーでも場が盛り上がる様に突っ込みを入れたり、
気遣いができる方でした。
きっとこのトークショーでファンが増えたと思いますよ。
次回も監督作との事でしたが、出演作も期待したいです。
by sugisugi26 | 2015-11-18 15:51 | 韓国映画 | Comments(2)