月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

『松本かつぢの世界展』

a0106409_21413935.jpg
何年ぶりだろうというぐらい久しぶりに宝塚に行ってきました。
手塚治虫記念館で開催していた『松本かつぢの世界展』を見に。
松本かつぢというアーティスト?児童画家?漫画家?イラストレーター?デザイナー?
とにかく多方面に色々なタッチの可愛い作品を発表されていた、
明治生まれで昭和に活躍されていたマルチアーティストを知っている人は
どれほどいるのでしょうか?
中原淳一と人気を二分するほどの人気だったとの事で、
当時を知る人は記憶されているのでしょうが。

私はたまたま、以前こちらでも紹介した『フイチンさん』の作者
上田としこを描いた漫画の中で、彼女の師匠として登場しているのを見て知りました。
そしてその後その絵柄を知るようになって一気にファンに。
この可愛らしさ、たまりません!
a0106409_21413995.jpg
東京にご家族がされてる資料館があるのですが
関西で展示が見られるなんて嬉しいです。
しかもフラッシュ無しなら撮影OK。
代表作の「くるくるクルミちゃん」。時代によって絵柄も変化し、最終形がコレ。
a0106409_21413981.jpg
明治37年神戸に生まれ、昭和3年ごろから抒情画や漫画を連載し、
後には絵本やキャラクターデザインやグッズもデザインされています。
とにかく繊細なペン画や水彩画、
そして単純化されたキャラクターのイラストや絵本、漫画など、
その幅広いタッチと完成度に職人的なモノを感じました。
a0106409_21414080.jpg
時が経っても色褪せない洗練されたタッチとライン、
鮮やかな色使いと愛らしいキャラクター。
a0106409_21414012.jpg
色がとても美しく保存状態が良いので、新しい作品かと思えば
昭和30〜40年代の、自分が生まれる前の作品だったりしてびっくりしてしまいます。
古さを感じさせません。
このホタルの絵はうっとりする美しさでした。
a0106409_21413953.jpg
いわゆる芸術作品ではなく、誰でも手に取る事の出来るモノや
日常的に使うモノを彩るデザインや絵を、マルチに手がける人に憧れます。
松本かつぢさんもそんな人達の一人です。
a0106409_21414082.jpg
どの絵も見ているだけで心が洗われる気持ちになりました。
作品集出してほしいな〜。


by sugisugi26 | 2017-02-21 23:22 | アート | Comments(0)