月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

『台湾レトロ建築案内』

a0106409_22030768.jpg
「レトロ建築」と「台湾」、どちらも大好き!
しかも装丁も質感も好みで写真もキレイ!
と、一目で気に入り購入しました。
取り上げられているレトロ建築も気になるモノばかりです。
美味しいご飯・・・以外の台湾が楽しめます。

ショップやカフェとして使われていたり、
自由に中を見られる建物が多く、次回台湾に行く楽しみができました。
日本統治時代の、日本式の古い建物が多く残っていたり、
台南に古い住宅をリノベーションした素敵な宿があったり、
古い建物の生かし方がうまいとか、レトロ建物好きには何かとポイントの高い台湾。
有名な豪華で大きな建物ではなく、もっと生活感の漂う住宅など
庶民の生活の場としての建物が多く紹介されているのいいですね。

台湾のレトロ建築チェックのポイントとしてあげられている、
バリエーション豊富な、「鉄窓花」と呼ばれる窓のスチール製の格子や
建物の装飾としてカラフルなアクセントになる「人造石」や「タイル」、「装飾ブロック」も
美しいデザインが集められていて心ときめきます。
これらは台湾の街を歩いていると、ちょこちょこ目にするいかにも台湾的な景色。
街歩きがさらに楽しくなる1冊です。
a0106409_22043426.jpg
ところでこの本の著者は、「老屋顔」と言う台湾在住のレトロ建築好きの2人組なのですが
前から気になってた、「鉄窓花」やタイルのデザイン雑貨を作って販売してた人達なのでした。
こちらで販売されています。センスがよろしいです。
「老屋顔」とは著者達が作った造語で、「レトロ建築の持つ顔」と言うニュアンスだそう。
はじめは台湾で出版されて、この度日本での発売となったようです。

台湾と言えば、もちろん発売中の『FRaU』はチェック済みでしょうか。
やっぱりこちらでも台南特集やってます。
後ろのページの料理研究家ウー・ウェンさんの連載『哲学する料理』もいいですよ。
北京にも行きたくなってしまいます。
しかし久しぶりに『FRaU』見ましたが、中身が以前と印象変わりましたね。
色々な路線の記事があって、個人的には好きなタイプに。
a0106409_22033226.jpg



by sugisugi26 | 2018-02-22 23:11 | 気になる本 | Comments(0)