人気ブログランキング |

月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2回見ました!『バーフバリ 王の凱旋「完全版」』

a0106409_21575797.jpg
ようやく世の『バーフバリ』の話題に追いつきました。
4月に遅ればせながらの『バーフバリ 伝説誕生』を見て以来(その時の感想)
予想以上の面白さに、そのすぐ後に同じ劇場で上映していた
『王の凱旋 インターナショナル版』を見なかった事を後悔したり、
ストーリーを忘れないように反芻したりと悶々としながら
『完全版』公開を待ちに待って、まずは初日に、
そして2週間後に2回目の鑑賞に行ってきました。

上映のテアトル梅田では、開運ラッシーや、ポップコーンカレー味などを販売して
バーフバリモードにスイッチon!

本編上映前に前作『伝説誕生』のストーリーがダイジェストに語られる映像が流れ、
あの興奮をしっかり思い出しての『王の凱旋「完全版」』スタート!
「そこで?!」ってところで終わりましたからね。
タイトルは、『伝説誕生』のストーリーを遡るようなビジュアルで
観客の気持ちを徐々に盛り上げるニクイ作りになっていました。

前作以上の突っ込みたくともそんな些細な事と言わんばかりの
突き抜けた、大迫力シーンの連続、ビジュアル的にもドラマ的にもぐっと心をつかまれ、
3時間近くの長尺も全く気にならず、ラストまで駆け抜けた感じで、
終わった時にはぐったり、お腹いっぱい状態で、
「すごい・・・」としか言いようがなかったです。
前後編合わせて約5時間、最後までクオリティを落とす事なく楽しませてくれました。

古代インドのマヒシュマティ王国を舞台にした3代に渡る王家の愛と憎しみの物語。
後編は、伝説の王バーフバリと妻デーヴァセーナの出会いと、バーフバリの死、
その息子のシヴドゥの誕生と、王家を追われるまでが、数々のドラマを盛り込んで
語られていきます。そしてそのシヴドゥが、マヘンドラ・バーフバリとして王国に凱旋し
両親や民の為に立ち上がり、復讐を遂げる大スペクタクルなラストへ。

そんな中で印象的なのは、なんと言ってもバーフバリの妻となるデーヴァセーナ!
勝気で正義感に溢れ、剣や弓の使い手の美き姫君。
登場シーンや、バーフバリとの息の合った弓さばきのカッコ良く美しいこと。
何度見ても惚れ惚れ、気持ちいいシーンの連続です。
バーフバリもどんどんカッコ良く見えてドキドキしてきます。
かと思えば、可憐な歌とダンス、2人のラブラブな船のドリーミーなシーンにもうっとり。

王座を巡ってのライバルとなる兄バラーラデーヴァや母シヴァガミ、
奴隷で剣士のカッタッパなど、キャラクターはどれも個性的で魅力的。
出演者達の衣装も美しく目を奪われます。
一級の娯楽大作の条件が、ぐぐっと凝縮された完成度の高い作品です。
絶対絶対大画面で見ましょう。目の前の世界をただ楽しみましょう。
一挙上映の機会があれば、今度こそいっぺんに見ますよ。

by sugisugi26 | 2018-06-23 23:32 | インド映画 | Comments(0)