人気ブログランキング |

月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

『バッドジーニアス』

a0106409_21260362.jpg
公開前から、前評判も高かったので楽しみにしていました。
公開されて2周目に見に行ったのですが、予想外の満席でびっくり!
しかも見に来ているのは老若男女と客層も幅広かったです。

見るまでは、頭がいい若者達が頭脳を駆使してタブーに挑む
してやったりなゲーム感覚的な内容かと思っていたのですが
それだけではなく、ドラマが二層三層にも絡み合って深い!
構成・脚本のうまさを感じるとても見応えがある内容でした。

友人のためを思って、軽い気持ちでやってしまった初めてのカンニングが
金持ちボンボン達の浅はかな考えと、
恵まれてるとは言えない環境の中でも努力で今の状況をつかんできた
2人の若者の満たされない思い・思惑が結びつき、
世界を舞台にした大きなカンニングプロジェクトに発展する。

若者たちだけを責める事は出来ない、格差問題や賄賂がまかり通る不公平な社会状況、
厳しい受験戦争など、社会状況に対するやるせなさと憤りも描きつつ
犯罪映画としてのスピード感、スリリングな展開で楽しませる内容で
色んな思いと、カンニングシーンのハラハラで力が入り
見た後はどっと疲れが・・・。いや面白かったです。

主演の天才少女リンを演じたチュティモン・ジョンジャルーンスックジンちゃん
(タイ人の名前長〜い!)は新人とは思えない存在感とクールなルックスが
とてもはまっていました。友人のグレースを演じた子も可愛らしかったし、
それぞれキャラ立ちしてて良かったです。
先日見た『ポップアイ』で都会が嫌になり象と旅する
冴えないおっちゃん役のタネート・ワラークンヌクロが
唯一ほっとさせてくれるキャラである、リンのお父さんを好演していました。

by sugisugi26 | 2018-10-21 12:33 | アジア映画 | Comments(0)