月光旅社 gekkosugi.exblog.jp

レトロでアジアでシネマな日々


by sugi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中秋節ですね。

a0106409_12281591.jpg
昨夜は綺麗な月を見ることができたのですが、
中秋節当日の今日の天気予報、大阪はくもり。難しいかな。
たとえ見えなくても、雲の上には、大きく綺麗な月が輝いているハズ。
晴れても曇っても雨でも、イメージを膨らませて素敵な中秋節を。

今年は月餅も、月見団子もすでに食べ終えました。やはり月よりダンゴ。
勤め先では中国の取引先から月餅が届き、
欲しかったレトロな缶も(半ば強引に)いただきました!
香港の老舗『栄華』の月餅です。
缶を眺めてうっとりしています。
a0106409_12281550.jpg

[PR]
by sugisugi26 | 2018-09-24 12:50 | アジアな日々 | Comments(0)

『ポップアイ』

a0106409_23284556.jpg
青空をバックに象とおじさん・・・このビジュアルに惹かれました。
シンガポール出身の女性監督が描く、タイを舞台にした映画。
牧歌的なロードムービーかと思ったら、結構現実感のあるお話でした。
象が出てくるけど、現実的。だけど少しだけ夢の様な不思議さがあり、
タイが舞台だからか、湿度を感じるアジア的なB級感も漂う
独特のテイストはかなり好みでした。
現実感のある中での実際ありそうなちょっとしたファンタジーは好きなのです。

しかし思いの他、おじさんの性のネタまで赤裸々に描かれ、
会社でも家庭でも居場所をなくしたおじさんの物哀しさが
さらに増長されて、序盤はかなり悲しくなったものの、
段々、筋の通ったおじさんを応援したくなり、
ストーリーにぐいぐい引き込まれました。

都会に嫌気がさしたおじさんは、
子供の頃に売られたポパイと言う名前をつけて可愛がっていた象を偶然街で見かけ、
それを買取って、一緒に故郷へ戻ることにしたのですが・・・。
予想外の展開で面白かったです。象も可愛いかったですし。

おじさん役の俳優さんは、この秋公開の注目タイ映画『バッドジーニアス』にも
出演しているそうです。



[PR]
by sugisugi26 | 2018-09-23 23:55 | アジア映画 | Comments(0)
a0106409_11220068.jpg
最近バタバタとしていたのはこの準備もありまして・・・。
手作り作品の販売サイト『ミンネ minne』にて、
イラスト雑貨の販売をはじめました。
今年に入ってから、牛歩並みのスピードで出店準備を進めていましたが
ようやく初回の31アイテムをアップしましたのでお知らせします。
a0106409_11220059.jpg

おなじみの方にはおなじみの、アジアンなイラスト雑貨たちです。
数年前に大阪でアートマーケットに出店していた頃の商品もありますが、
リデザインしたものや、新作もあります。
本業もあり、マイペースにはなりますが、
これからも新商品を追加していく予定です。

立ち寄っていただけるだけでも励みになりますので
お時間ありましたら、ぜひ覗いてみてくださいね。
よろしくお願いいたします!

ちなみにminneでは、24日の24:59まで、
「3,500円以上のご購入で500円割引クーポンプレゼント」と言うキャンペーン中。
私のはさておき、本当に素敵なアイテムがたくさん販売されているので、
秋の夜長にチェックしてみてくださいませ〜!

[PR]
by sugisugi26 | 2018-09-23 11:44 | お知らせ | Comments(0)
a0106409_22335871.jpg
秋と言うにはまだまだ夏の気配が残る9月2日、
万博公園の自然観察学習館主催のきのこ観察会に参加してきました。
これがかなり楽しく面白くて、2時間少しでしたが、すごい充実感。

昨年夏に、同じ万博記念公園内の日本庭園でかわいいきのこを見つけて以来、
きのこ画家の小林路子さんの作品展を見に行ったり、
じわじわふつふつと地味〜にきのこへの興味が湧いて来ている中
万博公園のサイトできのこ観察会をやっている事を知って
友人と初参加となりました。定員50名。
親子連れが多いのかと思いましたが、親子連れ6割、大人4割くらい。
かなりご高齢の女性が1人で参加されてたりもしました。
やはり好きな大人も多いのですね。

前日は雨でしたが、なんとか降られずに済んだ当日。
公園の開園と同時に、入場し、自然観察学習館へ。
何度も来ている万博公園ですが、初めて入ったエリアでした。
受付を済ますと、館内でまずは簡単な解説から。
2人のおじさん講師が挨拶されましたが、きのこ暦は何十年のベテランの方で
京都御苑で定期的に観察会されているそう。

黄緑色のゼッケンをつけて、虫眼鏡を借りて、いざみんなで林へ。
今年はカラカラ天気で、いつもなら出ているであろう秋のきのこが
そんなに出ていないとの事でしたが、それでもよ〜く目をこらすと
枯葉や枯れ枝に、小さいきのこが出ています。マチ針みたいな小さいものも。
役目の終わった葉や枝を土に返す為に分解すると言う、
大切な働きをするきのこ達。
a0106409_22335838.jpg
さすが目線の低い子供達は見つけるのが早い!
先生は「きのこ目線になって探してください!」と言われるので、
目を凝らしつつ歩きながら、
途中止まっては先生がインカムで、解説してくれます。
話は分かりやすくて、自然ときのこへの愛が感じられて
子供も大人も楽しめます。話上手で引き込まれました。
a0106409_22335878.jpg
こんな所に?!という場所に隠れています。
見逃しそうなちっちゃい、けれど鮮やかな色のきのこ。
a0106409_22380793.jpg
きのこは時間の経過によって見た目も変わるので、
図鑑に載っている写真や絵だけで種類を判断するのは非常に難しいとの事。
色んな面からじっくり観察し、この日も、きのこを切って色が変化する様子だとかを
見せてくれました。同じ変色するきのこでもスピードが違う・・・とか。
こりゃ素人目で判断して、食べたりするのは危険すぎますね。

と、観察会の最後に大物発見!!
先生とみんなに見て欲しかったのに、
見渡すと先生も参加者も建物に戻ってしまって、
友人と私だけが見たきのこなのでした。ちょっと得した気分。
後で写真を見てもらったら「テングダケ」との事でした。
毒きのこみたいです。
a0106409_22335919.jpg
次回、来年3月の「春のきのこの観察会」も参加する気満々です!




[PR]
by sugisugi26 | 2018-09-22 23:28 | イベント | Comments(0)

『SPL狼たちの処刑台』

a0106409_18291653.jpg
ハイ、こちらも少し前に見たのですが、まだシネマート心斎橋では上映中。
予告を見て「ガツンとした香港アクション見たいわ〜!!」と思い見てきました。
だってアクション監督はサモ・ハン・キンポーに、
監督はイップ・マンシリーズのウィルソン・イップで、
タイが舞台ってことで、久々のトニー・ジャーも出てるじゃないですか!
でも・・・主演は個人的に苦手なルイス・クー。正統派男前なんですけどね。
味がない感じ。あくまで個人的な感想です。
でもジョニー・トー作品にも出てますし、香港では人気ですよね。

久しぶりにてんこ盛りなカンフーアクションが楽しめました!
サモ・ハンの遊び心いっぱいのアクションはさすがという感じ。
ただ、タイを舞台にしたこのストーリーは、突っ込みどころが見えて
いまいち入り込めず、残念。

やっぱりルイス・クーは私にはもひとつで、感情移入できずでした。
地元中国系刑事の方が、ぐっときました。
いいやつ〜!
トニー・ジャーは華麗な見せ場はあったものの、物足りず。




[PR]
by sugisugi26 | 2018-09-17 22:27 | 香港映画 | Comments(0)
a0106409_17524525.jpg
ちょっと他でバタバタしており、しばらく書き込みしない内に
9月も半分過ぎてしまいました。早い!!
映画もアジア映画含め見ていたのですが、ご紹介できずにいました。
時間がたった話もありますが、備忘録的に書き留めたいと思います。

久しぶりに大阪は中崎町にある韓国文化院での韓国映画上映会に行ってきました。
毎回テーマに沿った作品を、無料で上映されています。
事前申し込みが必要ですが、相変わらずの太っ腹イベントです。
私が随分前に行った時は、日本語字幕なしの作品を上映されていましたが、
今は日本語字幕有りです。嬉しい!
時間があったので、上映前に文化院の図書室で
韓国の映画雑誌なんかを眺めることができました。

今期のテーマはウェブトゥーンという韓国で人気のウェブのデジタルコミックが原作の作品を
上映されています。8月の上映は『純情漫画」。
普段の生活の中で、ふと出会った男女2組のラブストーリーです。
メインはユ・ジテ演じる30過ぎた公務員と同じ団地に住む今時女子高生との
年の差カップルのふわふわしたやりとり。
並行してジテくん演じる公務員の後輩と年上の少し影のある女性との
ストーリーも展開。

何気ない生活の中にも、面白い出会いがあり、色んな思いを抱えた人が生きているって
感じのテーマでしょうか。
ナチュラル感あるテイストや、特に大きな事件も起こらないこんな作品も好きですが
ちょっとストーリーやキャラクターが浅い感じでしたね。
少女漫画チックで終わってるかな。まあ、原作はコミックですが。
久しぶりに見たユ・ジテくんは草食系で癒されましたけど。
生活感のある日常の雰囲気は良かったです。

[PR]
by sugisugi26 | 2018-09-17 18:27 | 韓国映画 | Comments(0)